MENU

ミノキシジルタブレットの効果と副作用

ミノキシジルはもともとは高血圧の薬として開発されたものですが、服用した患者が多毛症になったことから現在では育毛剤としても使われています。
頭皮の毛細血管が収縮すると頭皮に十分に血液が行き渡らなくなるので毛根下の細胞が弱ります。その状態が続くと毛髪を生成するのが難しくなるので薄毛になってしまいます。ミノキシジルは血管を拡張することで血圧を下げる作用があるので、服用すると毛細血管が拡張されて頭皮に血液が行き渡るようになります。その結果、頭皮の毛母細胞の細胞分裂が活発になるので発毛が促進されるのです。
ミノキシジルには外用薬とタブレットの2つのタイプがあります。外用薬にもそれなりの効果がありますが、外用薬は吸収されにくいのでタブレットの方が高い効果が期待できます。
ミノキシジルタブレットを服用すると多毛症や顔のむくみ、動悸、頭皮の痒みなどの副作用が起きることがあります。これらの副作用が起きるかは個人差がありますが、起きた場合は使用を中止して医師に相談することが大切です。

このページの先頭へ
通信費節約